県外からの入所者多数!Okinawa DARCとは?

民間の薬物依存症リハビリ施設。

ダルクリハビリテーションセンターは、覚醒剤、危険ドラッグ、有機溶剤(シンナー等)、精神安定剤、睡眠薬、市販薬(咳止めシロップや鎮痛剤など)、 その他の薬物から開放されるための民間の薬物依存症リハビリ施設として、全国各地に存在しており、薬物をやめたい仲間を手助けすることを目的に、 「どんな薬物依存者でも必ず回復できる」という希望のメッセージを伝える活動を行っています。

各種依存症(薬物・アルコール・ギャンブル等)もリハビリ対象

沖縄ダルクでは、薬物に限定せず各種依存症(薬物・アルコール・ギャンブルなど)の方が、同じ悩みを持つ仲間とのフェローシップの中で回復するために、 「回復するための場所」「回復するための時間」「回復している仲間のモデル」と身体的・精神的・社会的援助を提供し、依存症から回復したい仲間同士によるグループセラピー (ミーティング)を通して、依存症からの回復を手助けしています。

スタッフは、全員が薬物依存回復者!

「薬物(またはアルコール、ギャンブルなど)を使わないで今日1日を生きる」ことに取り組んでいます。 そして、それを毎日続けることによって、回復・成長し、薬物(またはアルコール、ギャンブルなど)を使わないクリーンな生き方を実践しているのです。

詳しくはこちらから

Okinawa DARC 回復プログラム ダルクの1日

グループミーティング

ミーティングは、基本的に“言いっぱなし”、“聴きっぱなし”のスタイルで行い、非難や批判をされることなく、お互いの経験を分かち合います。 また、その場で話されたことは、他の場所で話題にすることはお互いにせず、個人の秘密は守られます。 そのため、このミーティングでは、幼い子ども時代から現在まで、様々な経験が語られます。

エイサープログラム

沖縄ダルクでは,沖縄の伝統芸能であるエイサー(沖縄ダルク祭り太鼓)を週2回,プログラムとして取り入れています。 それにより、地域の人々との交流の場も増え、今では年間数十回の出演依頼がくるようになっています。 依存者は自己評価が低い人が多いため、人前で拍手をもらうことが本人の自信回復につながっています。

スポーツプログラム

沖縄ダルクでは、身体を使ってのリハビリテーションの一環として、週2回、スポーツプログラムを取り入れています。 仲間と楽しみながら身体を動かしたり、協力してプレーすることで、みんなで支え合って回復に向かって一緒に歩いていけるようになります。 何よりも、身体が健康になり、生き生きしていきます。

詳しくはこちらから

ダルクの一日 プログラム例

木曜日
7:30起床・朝食
8:00ミーティング
9:00
10:00昼食準備・自由時間
11:00
12:00昼食
13:00コミニティミーティング
14:00
15:00エイサープログラム
16:00
17:00夕食
18:30自助グループ出発

Okinawa DARC 入所までの流れ

  • 申し込み
  • 沖縄ダルクを利用する際には、相談窓口までお問い合わせください。
    面接日程の調整、サービスご利用開始に関してのサポートをさせて頂きます。
  • 面接
  • 利用して頂くには、面接が必要になります。
    デイケアに来て頂き、依存症の本人がどのような問題を抱えているのか等の必要な情報をお話しして頂きます。
    こちらからは沖縄ダルクの詳しい内容の説明を致します。そのうえで利用を検討して頂きます。
  • 利用開始
  • 面接終了後、利用に関し特に問題がなければすぐに利用することができます(入所の場合は寮の空き状況による)。
各種社会制度支援の活用については相談サポート致します。
沖縄ダルクでは、生活保護や障害福祉サービス等の自立準備ホーム制度を利用できます。申請手続きのサポートは当施設の職員がお手伝いさせて頂きます。

資料請求はこちらから